株式会社ワークスアプリケーションズ

2年間の猶予をどう使う??2022年版電子帳簿保存法対応実態調査レポート

2022年版 電子帳簿保存法 対応実態調査レポート.jpg

2022年版電子帳簿保存法対応実態調査レポート

電子帳簿保存法は1998年に制定されて以来、
これまで何度も法改正が続いています。
要件が大幅に緩和され、電子帳簿保存法対応のハードルが下がる一方、
頻繁に生じる法改正に対応し続けられるかどうかは
多くのシステム担当者様にとって懸念事項となっています。
2021年の末には、政府・与党から2022年1月の改正について
2年の猶予期間を設けるとの発表もあり、注目を集めました。

本レポートでは、
様々な業種・業態の企業を対象に独自にアンケート調査を行い、
「電子取引への対応内容」や「2年間の猶予期間で何をする予定か」といった
各社の対応の実態について情報をまとめております。

◆目次

1.現在の電子帳簿保存法に関する最新動向
2.2022年版 電子帳簿保存法対応 実態調査レポート
3.電子帳簿保存法への対応をサポートする「HUE」