株式会社ワークスアプリケーションズ

【RFP(グループウェア・ワークフロー機能要件 一覧・回答表)サンプル付き】
失敗しないRFP作成~ベンダーとのすれ違いを防ぐ、RFP作成のポイント~

【RFPサンプル付き】(Arielメール施策用)ArielAirOne_失敗しないRFP作成_サムネイル.jpg

【RFP(グループウェア・ワークフロー機能要件 一覧・回答表)サンプル付き】
失敗しないRFP作成
~ベンダーとのすれ違いを防ぐ、RFP作成のポイント~

選定に工数や費用を割いたシステムでも、企業が満足しているケースは半数程度といわれる。つまり約半分の導入プロジェクトは失敗と捉えられているということだ。要因調査の結果を見ると、「要件定義フェーズでの失敗」が上位にあがっている。

このフェーズの前提として、システムの目的や要件をベンダーに伝えるRFP(提案依頼書)を作成することも多い。提案に先立ってベンダーにシステム構築の目的や要件を伝えるRFPは、ベンダーとのコミュニケーションの前提となる重要なドキュメントだ。
ただし、大企業で利用されるグループウェアやワークフローシステムは5年に1度程度検討されるもので、担当者がRFP作成を初めて経験するケースも多いだろう。どのような項目や粒度で、何を重視して記載すればよいのか迷う担当者も多く、結果としてベンダーとの理解のズレが生じてしまうこともある。

本資料では、RFPの概要とメリット、ベンダーとのすれ違いを防ぐRFP作成のポイントを解説する。併せて、RFPのうち、グループウェア・ワークフローシステム機能要件一覧・回答票のサンプルをダウンロードできるリンクも掲載している。

◆こんな方におすすめ

・RFP作成を控えており、参考となるドキュメントを探している方。
・グループウェア・ワークフローシステムを検討予定の方。

◆目次

1.はじめに
2.RFPの基本概要
3.ベンダーと顧客がすれ違う要因と3つの対策ポイント
特別特典:RFP(グループウェア・ワークフロー機能要件一覧表)サンプルダウンロードご案内ページ