「令和3年度 電子帳簿保存法改正」で注意すべき5つの改正

 「令和3年度 電子帳簿保存法改正」で注意すべき5つの改正 
より経営に資する管理会計を模索する企業が多い中、
財管一致、財管分離、それぞれ様々なアプローチが提唱されています。
本書では原価管理システムを利用した財管一致のアプローチ、またその効果やメリットについて
事例を交えて解説しております。


◆目次
0.はじめに
1.スキャナ保存制度

2.令和3年度 法改正内容
3.法改正により生じる変更点
4.法改正後必要となる機能要件

5.スキャナ保存制度のよくある質問
6.HUE EBMを用いた電子化